2020年2月3日月曜日

熊野

同窓会も終わり 私は名古屋から南下し熊野に行った。今回以前から気になっていた徐福の足跡を調べに行った、徐福は秦の始皇帝の命で不老不死の薬を求めて日本に来た人物だ。最初に来た秦氏とも言われている。徐福の伝説はいろんな処に残っているがここ熊野にも多く残っている。徐福の所縁のある波田須神社、徐福の宮等見て回った。熊野からは新宮に向かった。新宮では最初に熊野速玉神社を参拝し、それから徐福公園、蓬莱山のある阿賀須神社に行った。参拝の後神社の手前にある歴史記念館に入った。そしてそこで管理をされている方から声をかけられ、徐福を調べているんですと言うとなんとそれから延々2時間徐福の事、始皇帝の事、熊野の事、修験者の事などを喋っていただいた。地元の研究者とお話しできて良かった。その後は神倉神社石段を上るのが大変だった。頂上には大きな御神体の岩があった。新宮からは那智へ。熊野那智大社や滝を見た。那智からは熊野本宮大社に本当に忙しき参拝の旅だ。しかしながら四国八十八箇所を周った時も一日車で12ヶ所を周っていた。歩かれているお遍路さんには申し訳なかったが。本宮大社の後は龍神温泉に一日走り周ったのでとても気持ち良かった。この後高野山に向かおうと思っていたが、宿に人から高野山は雪が残っている所や道が凍っている所があると聞き、今回は断念した。最初の日は同窓会だったので優雅なホテルだったが後の2日間は車中泊だった。寒さ対策はしっかりしてたので大丈夫。天候に恵まれ良い旅となった、

徐福の宮
 徐福公園
 神倉神社
 熊野速玉大社
 熊野那智大社
 熊野本宮大社


同窓会

大学時代の研究室の同窓会が浜松の浜名湖湖畔のホテルであった。何十年ぶりかの同窓生、先生とお会いし楽しい時を過ごした。宴会の翌日は浜松のヤマハの楽器博物館に行った。浜松はヤマハ、河合、鈴木などのメーカーもある。博物館の中には世界中の民族楽器もあり面白かった。自由に楽器を鳴らして良いコーナーもあり、私もジャンベを叩いたり、みんなの要望でドラムを叩いたりした。今回は同窓会の後熊野に観光、取材を兼ねて行く事にしていたので車で行った。車はハイエースの後を継いでくれた軽バンエブリイだ。よく走ってくれた。

2020年1月22日水曜日

レコーディング

昨年暮れにハーラウ・フラ・オ・マカレアのタヒチアンダンスの男性の踊り「ハカ」のレコーディングをした。私の太鼓とマカレアの代表のKYOKOさんのトエレと言う楽器のコラボだった。このCDを使い12月26日にルネスホールで踊ってくれるらしい。このイベントは岡山で活躍しているジャズダンスのDANCE BB  ベリーダンスの麻の葉
フラメンコのシオン先生のグループ、そしてフラダンス、タヒチアンダンスのマカレアさんの4グループが揃っての公演だ。。楽しみだ。


ハイエース

16年間共に働いてくれたハイエースと今日でお別れになる。走行距離は32万Km 何回かの東京外房ツアー、福島での復興支援イベント、関西でのコンサート、九州、四国八十八箇所のお寺巡り、韓国ソウル近くの富川市には2回。多くの思い出がある。今朝は久しぶりに綺麗に洗車。名車だった。