2020年10月26日月曜日

龍神祭2

写真家時実さんが送ってくれました。

龍神祭

玉井宮 龍神祭の宵祭が無事に終わった。いつもなら幾つものお神輿が各町内を回って階段を掛け登って来たり、迫力ある獅子舞が披露されるのだが今年は中止になった。ご祈祷の後は私達の出演だけだった。参拝者の方々もどれだけ残って私達を観ていただけるのかなぁと思っていたが沢山の方々が最後まで観て下さった。マカレアのKYOKOさん、アリサさんが素敵な踊りを観せてくれたり、また今回内で太鼓を習ってる子供達も出演させたのだが、それなりに頑張ってくれたのが良かった。写真の両サイドの作品は今は亡き素晴らしい書家 曽我英丘先生が龍神祭に向けて書かれた物だ

2020年10月9日金曜日

お月見




10月1日は中秋の名月だったので9月に開いたNature Live in 美和神社のお礼参りも兼ねてお月見をさせていただいた。美和神社は山の頂上に空が広い。月を愛でながらみんなで太鼓を叩いた。

 

 

Nature Live in 美和神社







9月6日に「Nature Live in 美和神社」が開かれた。本来この日は9月5日と共に岡山市民文化ホールで「KAYA」が開かれる予定だったがコロナの為中止せざるを得なかった。しかしその公演の為に多少なりとも練習を重ねていたので美和神社で地元の方の協力を得ながらお披露目をする事になった。しかしながら大型台風が九州を目掛けてやって来た。延期した方がとの想いもあったが天気が持つのならやろうという判断になった。宮司さんに依る神事が終わり、一部の長船名刀太鼓、美和とっかぁーず、beZen鼓空の和太鼓演奏の時今まで晴れ渡ってた空が急変し暗雲が立ち込め雨が降り始めた。皆でお客さんの処にテントを追加しステージにもテントを張った。そうこうする内に雨も上がり一部の太鼓演奏から二部のKAYAの世界に移ることが出来た。大物主神さんのお計らいがあったのだろう。
KAYAのステージはとろんさん、悠さんの祈りから始まり、蝦名宇摩さんの津軽三味線、野崎めぐみさんのフルート、森和彦さんのパーカッション、栗本亮平さんのベースに、私の太鼓に合わせてマカレアKyokoさんが「精霊の舞」を踊ってくれた。続いてCariさんのギター、森和彦さん、栗本亮平さん、私のドラムスでRockの曲「大和」に合わせてアケミクリエイティブスタジオ、ダンスBBさん8人が鎧を付けて力強い踊りを見せてくれた。KAYA Rock Bandでもう1曲「弓の舞」を披露。釣田義盛さんの温羅、蛹ちゃんの秋鹿が登場KAYAの触りを演じてくれる。それからはKAYAでお馴染みの「眞金の唄」「カヤ賛歌」「輪廻」「ユートピアうらじゃ」を蛹ちゃんのボーカル、赤田晃一さんのサックス、美由紀ちゃんのキーボード、Cariさん、鼓空のさゆりさん、茂さん、私で演奏をした。輪廻では鼓空の子供達も参加、最後のユートピアうらじゃではKyokoさん、田口ひろこさんを中心に観にきてくれていたKAYAメンバー、DanceBBさんが加わり一緒に踊ってくれ盛り上げてくれた。
今回コロナの影響と美和神社の駐車場の問題から皆様にお知らせしないままの開催になった事を申し訳なく思います。これから来て下さった方々からの写真、動画が、配信されると思いますので興味のある方はご覧下さい。
今回開催するに当たって地元の方々、またお菓子の大町さんから大変協力をいただきました。有難うございました。

 

2020年7月28日火曜日

縄文スパイラルアーツ

7月28日から8月2日まで「縄文スパイラルアーツ」が岡山県天神山文化プラザで開かれる。
縄文造形家 猪風来さんの作品をはじめお弟子さん達の作品 また猪風来さんの奥様よしこさんのタペストリー また若くして亡くなられた猪風来さんの息子村上原野さんの素晴らしい遺作も展示されている。今日は13時からオープニングセレモニーがあった。ほら貝、シャーマニックドラム 、アフリカンドラム、ディジュリドウ、縄文太鼓の演奏の中、祈りのダンスが披露された。私達も縄文太鼓を叩かせていただいた。








2020年6月6日土曜日

入隊

機動隊に入隊しました。すぐ片膝をつきます。




農大の和太鼓の授業で提供されました。

少し挑戦

4月に入ってから時間だけはあったのでずっと気になっていた事に手を付けた。
1つはうちの上がり口の法面が長い間に雨などで少しずつ削られていたのでその修復。和太鼓仲間の茶畑さんにも手伝って貰い崩落を防ぐフェンスを張りそれに麻布を付けた。一番下にやはり土留の為にU字坑を逆さに置いた。業者の方に2トンのまさ土を運んで貰い、それを下から固めながら積み上げた。後はここに草が根を張ってくれれば多分持つのではと思う。
2つ目は私が20代から使っていたバスタムの周りシェルの張り替え。上下のヘッドを張る為の金具を全て外しホームセンターからアクリル板を買って来た。それを切り強力な接着剤を付け周りを囲んで金具の穴を開けた。何とか仕上がった。
時間があればいろんな事に挑戦出来るものだ。本職さんのように上手くは行かないが 自分がすればそれなりの満足感が得られる。






















2020年2月3日月曜日

熊野

同窓会も終わり 私は名古屋から南下し熊野に行った。今回以前から気になっていた徐福の足跡を調べに行った、徐福は秦の始皇帝の命で不老不死の薬を求めて日本に来た人物だ。最初に来た秦氏とも言われている。徐福の伝説はいろんな処に残っているがここ熊野にも多く残っている。徐福の所縁のある波田須神社、徐福の宮等見て回った。熊野からは新宮に向かった。新宮では最初に熊野速玉神社を参拝し、それから徐福公園、蓬莱山のある阿賀須神社に行った。参拝の後神社の手前にある歴史記念館に入った。そしてそこで管理をされている方から声をかけられ、徐福を調べているんですと言うとなんとそれから延々2時間徐福の事、始皇帝の事、熊野の事、修験者の事などを喋っていただいた。地元の研究者とお話しできて良かった。その後は神倉神社石段を上るのが大変だった。頂上には大きな御神体の岩があった。新宮からは那智へ。熊野那智大社や滝を見た。那智からは熊野本宮大社に本当に忙しき参拝の旅だ。しかしながら四国八十八箇所を周った時も一日車で12ヶ所を周っていた。歩かれているお遍路さんには申し訳なかったが。本宮大社の後は龍神温泉に一日走り周ったのでとても気持ち良かった。この後高野山に向かおうと思っていたが、宿に人から高野山は雪が残っている所や道が凍っている所があると聞き、今回は断念した。最初の日は同窓会だったので優雅なホテルだったが後の2日間は車中泊だった。寒さ対策はしっかりしてたので大丈夫。天候に恵まれ良い旅となった、

徐福の宮
 徐福公園
 神倉神社
 熊野速玉大社
 熊野那智大社
 熊野本宮大社


同窓会

大学時代の研究室の同窓会が浜松の浜名湖湖畔のホテルであった。何十年ぶりかの同窓生、先生とお会いし楽しい時を過ごした。宴会の翌日は浜松のヤマハの楽器博物館に行った。浜松はヤマハ、河合、鈴木などのメーカーもある。博物館の中には世界中の民族楽器もあり面白かった。自由に楽器を鳴らして良いコーナーもあり、私もジャンベを叩いたり、みんなの要望でドラムを叩いたりした。今回は同窓会の後熊野に観光、取材を兼ねて行く事にしていたので車で行った。車はハイエースの後を継いでくれた軽バンエブリイだ。よく走ってくれた。

2020年1月22日水曜日

レコーディング

昨年暮れにハーラウ・フラ・オ・マカレアのタヒチアンダンスの男性の踊り「ハカ」のレコーディングをした。私の太鼓とマカレアの代表のKYOKOさんのトエレと言う楽器のコラボだった。このCDを使い12月26日にルネスホールで踊ってくれるらしい。このイベントは岡山で活躍しているジャズダンスのDANCE BB  ベリーダンスの麻の葉
フラメンコのシオン先生のグループ、そしてフラダンス、タヒチアンダンスのマカレアさんの4グループが揃っての公演だ。。楽しみだ。


ハイエース

16年間共に働いてくれたハイエースと今日でお別れになる。走行距離は32万Km 何回かの東京外房ツアー、福島での復興支援イベント、関西でのコンサート、九州、四国八十八箇所のお寺巡り、韓国ソウル近くの富川市には2回。多くの思い出がある。今朝は久しぶりに綺麗に洗車。名車だった。